読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukikoのブログ

新潟市プライベート専門ピラティスStudio Fuu Yukikoのピラティスや日常のこと。

インド無人島生活①ダンス&カラリパヤット編

india

スタジオを2週間お休みさせて頂き、南インドのケララ州コチの河の中にある名もなき無人島まで行ってきました。

 

f:id:yukiko-pilates:20170126161757p:image

 

何をしにこんなところまで来たのかというと、アクラムカーンという有名なダンスカンパニー出身のインド人ダンサーのサジュが中心となって企画されたコンテンポラリーダンスのワークショップが開催されるというので、それを受けに行ったのです。

 

Disha Dance

 

イギリス、ノルウェーフィンランド、ドイツ、ポルトガル、オーストリア、アメリカ、ロシア、ベネズエラカリブ海の島、インド、そして日本。

世界各国から集まった強く美しいダンサーたちと2週間島で共同生活しながら、コンテンポラリーダンスカラリパヤットというケララ州が発祥のマーシャルアーツを学びました。

日本からは東京で一緒に作品を作ったりしていた、のどかちゃんとわたしの2人で参加しました。

 

毎朝日が昇る前に起きて各自アップをして、7時からカラリパヤットが始まります。

稽古の前に身体中にブレンドされた油を塗ります。特に関節によく塗るように言われていました。

これが最初の日は油っこくて少し気持ち悪かったのですが、この油を塗ってると日焼けしても赤くならないし、オイルマッサージのようで気持ちよくて、すぐに気に入りました。

 

これはカラリパヤットの道場?砂場?

f:id:yukiko-pilates:20170129134010j:image

 

この砂場に入るときは両手で砂を触ってから胸を触る独特のお辞儀をして入り、稽古が始まる時にはマスターと共に火を灯した奥の祭壇にみんなでカラリ式のお辞儀をします。

 

稽古はまず地獄のような足のトレーニングからスタートし、ジャンプ、ムービングヨガと言われている動物のムーブメント、手の型、組手と続きます。

 

f:id:yukiko-pilates:20170129133520j:image

カヤリイリチャー!みたいな掛け声のやつ。

 

f:id:yukiko-pilates:20170129134550j:image

みんな朝っぱらからよく飛びます。

 

 

最初の週は日を追うごとにきつくなっていく内容に、全身が悲鳴をあげました。

身体中泥だらけになりながら、とても武術とは言えないレベルだけど、朝から汗だくで必死で全く余裕が状態まで追い込まれるのが、全然楽しくはないけど、気持ちよくもなっていきました。

 

9日目にはマスターと、そのお弟子さんたちのエキシビジョンもあり。

 

f:id:yukiko-pilates:20170129133638p:image

f:id:yukiko-pilates:20170129134208j:image

 

すごすぎました。おどろきました。

わたしたちは道具は使いませんでしたが、本物のカラリでは色んな種類の剣などを使って演武していました。すごくかっこよかった!

 

武術は忍耐ですね。

わたしは忍耐深くないので、足の裏の皮がすぐによじれて、小さな石でも痛くて耐えられなくなって、最後には靴下履いてやってましたからね。わたしがやってたのは邪道カラリパヤット風ですね😹

 

 

ダンスは午後少し涼しくなってから、島のど真ん中にある素晴らしすぎる手作りのスタジオでクラスをしていました。

f:id:yukiko-pilates:20170126223215j:image

木のフロアが滑りすぎず、滑らなすぎず、よく弾んでとても踊りやすくて、今までで一番好きな床だったかもしれません!

 

1週目はカリブ海の島の出身の双子ダンサー、クリスティーナとシャーデーのクラスでした。

 

f:id:yukiko-pilates:20170129134254j:image

 

2人のクラスは超絶パワフルで、初日から死にかけました。毎日4時間近くぶっ通しでクラスは進み、爪の先から頭の先まで全てに意識を向けて動かしながら、行ったことのない場所に行き、ひっくり返ったり、目にも留まらぬ速さで動いたり、朦朧とするようなクラスでした。

 

 f:id:yukiko-pilates:20170129134302j:image

f:id:yukiko-pilates:20170129134640j:image

 

でも2人のパワフルなスタイルの中には繊細なメッセージがたくさん込められていて、一緒に受けているメンバーたちがそのメッセージをどう受け取って、表現しているのか見ているのもとても興味深かったです。

 

5日間毎日違うことをやりつつ、どんどん発展させていく彼女たちのクラス運びも含め、圧巻の5日間はあっという間にすぎてしまいました。

 

1日のオフを挟み、2週目は主催者のサジュのクラス。

カラリでやっているような野生的でアジアンな動きや、カタカリで見たような目のトレーニングなど、これまた日本ではやったことのないようなムーブメントの数々。アップからコンビネーションまで全てがよかったです。

クリスティーナとシャーデーとはまた違った視点から、ムーブメントや舞台に立つために必要なテクニックを学べました。 

 

ダンスとカラリは合計10日間やりましたが、その間に一緒に受けているダンサーたちもどんどん変わっていって、なぜ彼らが強いのか、なぜ美しいのか、どんな風に日々稽古しているから今があるのかということも、見ていてとても勉強になりました。

日本にいるとつい日本のペースになりがちですが、日本には日本のよさがありつつ、海外のダンサーのペースというのもとても刺激になります。

みんな自由で根性あります。

 

そしてみんなの背骨を見て、身体は動かすためにあるんだな〜って、改めてとても思いました。

毎日よく手入れされた革製品のように、日々積み重ねている身体はやっぱりとても美しかった。

 

 

サジュ、クリスティーナ、シャーデーと、各国ダンサーから得た具体的なアイディアをこれから自分の指導や物事の取り組み方に生かしていけそうです。

 

(一部の写真はdisha DanceのFacebookから借りました。)

 

-----------------------------------------------------

新潟市中央区プライベート専門マシンピラティス | StudioFuu

【営業日】

火〜金 9:00〜21:00

土 9:00〜18:00

【定休日】

日、月、第5週目

 

【グループレッスン】

2月のグループレッスン予定 - Yukikoのブログ

2月5日、19日(日)

9:30-10:30 ピラティス入門

11:00-12:00 ピラティス&ストレッチ