Yukikoのブログ

新潟市プライベート専門ピラティスStudio Fuu Yukikoのピラティスや日常のこと。プロフィール→http://yukiko-pilates.hatenablog.com/entry/2015/05/13/プロフィール

ももの裏側についている筋肉群

大腿骨の裏側(大腿粗線、大腿粗面の辺り)に付着(停止)する筋肉群は

 

大殿筋(深層線維)

大内転筋

小内転筋

長内転筋

短内転筋

 

などがあります。

小転子近くまで少し範囲を広げると

恥骨筋も。

 

これらの筋肉の起始は骨盤です。

 

骨盤の左右差、硬さや引っ張りの強さなどから仙腸関節痛や腰痛、膝痛が抱ている場合、骨盤ともも裏をつなぐ筋肉(主に内側の筋肉)の硬さをゆるめてあげることで可動域や痛みに変化が出ることがあります。

 

大きな筋肉をゆるめたら必ず股関節付近の筋肉のスイッチが入るようにします。

骨盤から大腿骨顆間窩や大転子、小転子に付着する筋肉(深層外旋六筋や腸骨筋など)

 

ゆるめて終わりにすると腰や膝の不安定感が出やすくなることがあるからです。

 

もも裏というとハムストリングをイメージしやすいかもしれませんが、ハムストリング(半腱様筋・半膜様筋、大腿二頭筋)が付着するのは膝を通り越してスネ。

 

骨のそばをゆるめるつもりでストレッチポールなどでほぐし、クラムなどのエクササイズで股関節のインナーマッスルを目覚めさせることで、骨盤周り~膝の不快感が軽減することがあります。

 

ついでに多裂筋のトーンも整えてあげるとばっちり。

 

スタジオにいらして頂いているクライアント様から、何を見てどうやってアプローチしているのかさっぱり分からないけど、ここに来るとなぜかできる、なぜか良くなると言って頂けることがあり嬉しく思います。

まだまだ勉強不足で試行錯誤している毎日ですが、レッスン始める前にお話し伺って、「腰が痛くて~」とか「なんか骨盤周りが冷たくて」とかおっしゃられた場合は、様子を観つつ、じゃあもも裏からほぐそうか~、とか言っているときは、こんな道筋を立ててみている時もあったり、違うこと考えている時もあったり。

 

です。

 

 

 

解剖実習視聴記録

アナトミートレインの著者トーマスマイヤースと、コロラド州ボルダーのLaboratories of Anatomical Enlightenment マスター解剖者トッドガルシアによる解剖実習にオンラインで参加しました。

 

ボルダーに解剖実習に行く…子供が生まれる前、コロナになる前はツアーに参加したいなぁと思っていましたが、子どももいて、しかもコロナ。10年は無理だなと思っていましたがオンラインで受講できる素晴らしい現代。

ありがたいです。

 

 

解剖実習に参加するのは初めてでしたが、トッドの素晴らしい解剖の技術で次々に身体組織があらわになっていき、改めて人の身体ってなんて機能的で美しいんだろう、どうしてこんなにすごいものが出来上がったんだろう、と、驚きと感嘆の3日間、あっという間の経験でした。

 

男女それぞれの骨盤内を見せて頂き、男女差や個体差も如実に見ることができ、それぞれのご献体が身体でその人生を語っていました。

身体のシステム、作り、そのものが素晴らしいし、その器をもって生きてきた人たちのオリジナルな身体がまた、素晴らしいと感じました。

 

 

今回の解剖実習で私は今まで特に意識してこなかったことで、大腰筋と腰方形筋のつながりについてトムがさかんに指摘していたのですが、あまり考えて来なかったところでした。

隣り合っていることすら忘れていた…

 

内閉鎖筋の腱が7本も8本もあったことにも驚きでした。

それだけ強力な筋だということで、ちょっとやそっとでは緩まない構造になっていた。

股関節の外旋筋群と習ったけど、むしろ、骨盤と大腿骨を強力につなぐ役割、大腰筋とバランスを取りながら骨頭を求心位に保つ役割があるんだと感じました。

 

座骨神経の太さ長さ強さ。

各筋肉の筋繊維の方向の切り替わりや、内臓器が「張り付く」様子。

筋肉や臓器は骨や筋膜による付着によってその強さやハリを保っており、メスを入れたとたんにその周囲がだらんとつながりを失ってしまう様子。

解剖学の本や3Dアプリとは違う重力下のつながりの中の筋骨格内臓の形。

腹筋群の薄さ、それに対する背筋群の厚み。

 

最近は重力下で骨格がどう位置しているか、ということを一番に意識しながらレッスンをしていましたが、骨格だけでなくやはり軟部組織の粘度や滑りにも意識を向ける必要性があるし、性別年齢、手術歴出産歴の有無、病歴や薬品による組織の変化にももう一度よく目を向け、想像力を働かせることがこれからの課題であると強く感じる時間となりました。

 

トッドの解剖も素晴らしかったですが、トムの講義も本当に素晴らしいもので、オンラインコースのメリットで何度も繰り返し拝見しました。

 

ヒトの身体の中をより深くイメージできるようになった、と共に、このような勉強の機会を与えて下さるドナー、ドナーのご家族にも深く感謝をしたいです。

 

これからのレッスンに生かしていきます。

 

こころが動揺している時のセルフケア

ニュースをつければウクライナとロシアの戦争、長引く新型コロナウイルス、そして昨日は東北地方での大きな地震

皆さま大丈夫でしょうか。

 

ニュースを観ていると先の見えない不安に駆られることもあるし、地震は過去の体験から思い出すこともあるかもしれません。

 

知らない間にストレスをためてしまって、何となく心が疲れている、いつも不安に駆られている。近くに不安がっている人がいて、自分もその気持ちに寄せられてしまう。

 

そんなことはありませんか?

 

強い恐怖や不安を感じた時、大切なのは「怖いよね」「心配だよね」と自分の気持ちを受け入れること。そしてその気持ちに執着しすぎないこと。

 

分かっているけどできない、という方はこれからお伝えするセルフワークをやってみてください。

 

①椅子などにリラックスして腰掛ける

②鼻から息を吸って、口から吐く

③吸うときは空の方の空気を吸って、吐く時は空気が身体の中を通って足の方から出ていくようなイメージ

④呼吸を続けながらお尻が椅子にあたっている部分を感じられているか、足の裏が床についていることを感じられているかチェックする

⑤緊張しているところ、無感覚、麻痺しているところはないか、思考が急ぎすぎていないかチェックし、呼吸しながらしばらく緊張感や無感覚の部分を観察する

⑥無感覚、緊張などを感じない、普通にそこに在ると感じられる場所はどこか探す。耳であったり、指の先であったり、唇であったり…

⑦無感覚、緊張と普通にそこに在る感覚を交互に意識して確かめる

⑧落ち着いてきたらその心と身体を味わう

 

このワークをやってみると、心が自分の身体の中に戻ってくる感覚があるのではないかと思います。

心が自分の身体に戻ったら、「怖いよね」「心配だよね」と自分に語り掛けてあげてみてください。

そうすると、自然と周囲にも違ったまなざしで目を向けられるようになるかもしれません。

 

周囲でどのようなことが起きようと、心を自分の中心に置いておくことができて初めて他人の心配ができるようになる。

まず自分の身と心を守りましょう。