Yukikoのブログ

新潟市プライベート専門ピラティスStudio Fuu Yukikoのピラティスや日常のこと。プロフィール→http://yukiko-pilates.hatenablog.com/entry/2015/05/13/プロフィール

誠意準備中!

2021年6月1日新潟市中央区関屋恵町にてスタジオを再オープンします!多分。笑

 

今改装して家がバンバン工事中。

 

色んなところへ資金調達しに行って

どんなドア、どんな窓、どんな壁の色、配線は、照明は、駐車スペースは…

 

マシンのメンテナンスの発注やHPの再作成、新メニューの準備、助成金の申請…

 

ノベルティ、デザイン発注、打ち合わせ、配信のやり方機材揃える

 

もちろん勉強

 

あらゆることを

2週間に1回熱出す2歳と常に鼻水の3ヶ月の赤ちゃん育てながら準備しており

 

まぁ、本当に始められるのかしらです。

 

あと集客。これ一番進んでません🙈笑

 

という感じで、バタバタしていますが、走りながら色々考えますので

今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

HPできたらブログにものせまーす!

 

オンライン配信を通常メニューに入れますよ~!

触れること

快適だった実家里帰りを終えて、自宅に戻りました。

 

1歳10ヶ月の長男と新生児の次男との生活は、笑えるくらい幸せで、笑えるくらい手一杯にもなっています。

新生活で長男はイヤイヤ爆発、夜泣きも頻発。

父ちゃんと2人で育児に奮闘していますが、1人目の時より精神的にずいぶん楽なのは、前回の経験値に加えてお産のダメージが少なかった肉体的な楽さに比例しているような気がします。

 

以前から触れることの大事さについてはここにも書いてきましたが、またそれを実感する日々です。

 

イヤイヤ爆発してギャンギャン泣いている長男をギュッと抱きしめて、イヤだったよね。と、頭を撫でているだけで、私がイヤイヤしている息子を受容することができ、大丈夫だよ、と、まるで自分にも言っているような気持ちになります。

息子の泣いている姿を止めたくてそれをするわけではないんですが、やっていること、やろうとしていることを全部その瞬間にほったらかしてギュッと抱きしめる。(これが前回は難しかった、床に置いてたオムツのゴミをゴミ箱に捨ててから、とか思っちゃってた)

これだけで自分の心がどれほど落ち着くか。

結果的に、子どももイヤイヤから通常モードへの切り替えも早い気がします。

 

親の心が安定していた方が、きっと子どものためにもなる。

そのために簡単かつ無料でできる触れ合い。

 

次男も一日中密着してるので着々と抱っこマンに育ってきています。

f:id:yukiko-pilates:20210214100039j:image

新生児から使えるへこ帯。ギュギュッと高い位置に密着してくれるのでお互いの身体も楽です。

 

が、ここに11キロの長男も抱っこすると2人合わせて15キロ。重すぎて潰れそうですが…ここからさらにどんどん重くなることはその時に考えよう。

 

なんか子育てブログみたいですね。

 

 

もちろん、子どもだけではなくて、クライアントさんに触れるときの意図や意識もまた想像しています。

 

 

産後1ヶ月がたとうとしています。

すっかり身体が回復し、心も健やかに過ごせているおかげで、はやくレッスン再開したいな〜という気持ちになりました!

 

スタジオ再建に向けて、ワクワクするような方にご協力頂き動いていますので楽しみにしていてください😊

2人目出産しました(楽なお産の秘訣)

スクワット記事を書いた翌日に2人目の子を出産しました。

f:id:yukiko-pilates:20210131103233j:image

赤ちゃんの尊さに…もうほれぼれです。

ほっぺ尊い

髪の毛尊い

匂い尊い。うんちのにおいすら。

空気のような軽さも尊い。(3600g越えで第一子よりさらに大きかったのですが…😂)

 

 

今回はコロナで陣痛室は立ち会い不可だったので一人で陣痛を耐えるべく色々とグッズを持ち込みました。

f:id:yukiko-pilates:20210121113955j:image

持ち込んだ全てのグッズが大成功で、子宮口8センチ(結構かなり痛いはずの時期)まで1人穏やかに過ごしていました。本当にお産進んでますか?って何度も様子見に来てくれる助産師さんに確認したくらい😂

 

陣痛を穏やかに過ごせた秘訣をいくつか…

・姿勢

もうこれにつきます。

陣痛をどのような姿勢で過ごすか。

私は赤ちゃんの背中側が下になるように抱き枕を抱えて横向きに寝て、上の膝を胸の方に抱えるようにして寝ているのが楽でした。

ずっと同じ向きで横向きに寝ていると疲れるので、途中たまにバランスボールに四つん這いで覆い被さって揺れたりもしていました。

この本が大変参考になりました。全ての妊婦さんにおすすめしたい!

f:id:yukiko-pilates:20210121120242j:image

 

・お腹と仙骨をあたためる

乾熱をあてておくだけで人に押したりさすってもらわなくても大丈夫だった!

スマートスパインという穀物が入ったグッズをつかいました。レンジでちょこちょこ暖めてもらって、陣痛で痛くなるタイミングでお腹と仙骨をあたためていると痛みが1/10くらいになる感覚。

本当に持って行ってよかったです。

 

・明るさ、音楽、香り

たまたま最初から最後まで陣痛室に1人だったので、照明を暖色の豆電球だけにしてもらって、心が落ち着くクラシックを聴きながらSHIGETAのBody-Mind-Spiritのアロマオイルで足裏や首のマッサージをしていました。

 

 

陣痛はこれで随分と楽に過ごせました。

そろそろ人の助けが欲しい〜となった頃には9センチ。そこからはまたしても野獣のようになりながら必死で産みましたが、それまでの時間リラックスして楽にできていたからか、体力に余裕があり、筋肉痛にもならず、会陰切開することもなく、ダメージ少なく産むことができました。

 

第一子の時より分娩時間が3時間も長かったのですが、出血量も前回の2/3くらいだったし、苦しい時間は短かった!ゆっくり進んだ分、身体への負担が少なく、産後の赤ちゃんのお世話も本当に楽なんです。

早いお産がいいとは限らないなーと実感として思います。

 

タイトルにしたくせに違うんかい!と言われそうですが、楽ちんなお産なんてなくて、妊娠期〜出産、そして産後と続くこの時期の壮絶さは、いくら言葉にしても言葉にはし尽くせない。

どんなスタイルであっても、どんなお産であっても、命を生み出す、命を育むってことは本当に幸せで大変なことだなぁと改めて思います。

 

 

次男は良く寝る子で読書とAmazonプライムビデオがはかどります。

実家や兄弟に甘えまくって産褥期をゆったり過ごし、良い時期が来たら少しずつ元気に復帰したいと思います!