Yukikoのブログ

新潟市プライベート専門ピラティスStudio Fuu Yukikoのピラティスや日常のこと。

呼吸のX線動画

1930年代にドイツで撮影された呼吸している時のX線の動画です。 www.youtube.com 現在では被爆の影響を考えてこのような撮影は難しいそうです。 2'30ごろからの深呼吸していると思われる部分では、横隔膜の動きや肋骨の動きもよく見えます。 4'40ごろからの…

Pilates Ledership Interospective 3

スタジオお休みを頂き、貴重なMarie-joseの来日を受けて東京で勉強してきました。 今回のテーマは肩甲帯とアッパーコア。 腕の動作は背中の筋全てに関わってきます。 背中には背骨があり、肋骨があり、腰があり、骨盤があります。 これら全てに関わりがある…

筋膜の情報網

身体を考える上で、筋膜のことを放ってはおけないね、というのは今やボディワーク界でもよく言われている話ですが、筋膜が神経組織のようにメッセージを送り合い、身体全体のコミュニケーションを取っていることを示す記事がありましたのでシェアします。 ww…

乳がんとピラティス

今や日本人女性の発症率は8%とも言われる乳がん。 西洋的な食事が増えてきたこと、出産の年齢が上がったことや、長寿社会になっていることなど、様々な原因から罹患率が上がっていると言われています。 そもそもがんとは、 細胞が異常増殖をし、周囲の組織…

話題の間質・筋膜

最近にぎわっている、「間質」という物質。 こちらの記事では最大の器官として紹介されています。 www.newsweekjapan.jp www.livescience.com nyulangone.org 新しい器官、として紹介されていますが、書いてあることは筋膜にとても似ています。 筋膜について…

ちょうどよいバランス

先日福岡で行われた 「産前産後のフュージョンピラティス」 「優しさのメソッド」 コースを受講してきました。 コースを担当してくれたジェニファーは、2年前に産後の腹直筋離開のコースを受講した時にほれ込んだ素晴らしい先生で、ずっと来日を待っていまし…

神奈川ざんまい

いつになったらおさまるのか…。 今年の雪はちょっとどうしようもありませんね。皆様無事でしょうか。 毎日雪かきお疲れ様です。 私はどんどん背骨が左に回旋してきている気がします‍♀️ そんな雪深い新潟を抜け、この2日間神奈川で勉強してきました。 「立つ…

骨が若さを司る

週一で書くと書いた元旦の誓いをあっさり破ってしまいました。 なのであっさり変えます! 月に1回、更新できればいいな、のブログにします。えへへ さて、先日放送されたNHKスペシャル「人体」の骨編は観ましたか? 番組内で、骨はただの建物としての構造物…

面白いことをたくさんしたい

あけましておめでとうございます。 あー今日月曜だなぁと思いながら、朝から映画観て、ご馳走食べて、たらふく飲んでおります。 腰を据えて向き合う。 人の話によく耳を傾ける。 面白がってやる。 フットワーク軽く。 自分自身の身体のための時間を積み重ね…

Beauty is in the eye of the beholder.

美は見る人の目の中にある。 美とは客観的なものではなく、その人の意識の中に存在するもの。 という意味のことわざです。 今年一年スタジオや、バレエ関係、フィギュア関係などで多くの方にお会いすることができました。 私の考える美しさは、美尻ためのエ…

全体を見渡すこととスタジオ勉強会について

身体を見る時に、どこか一部だけを見るのではなく、全体のつながりを考えて見るよう努力しています。 例えば見たり触ったりして「右の骨盤が左に比べて高い」ように感じる場合、そこで考えられることのひとつには、右側の大腿骨の方がより内旋し、右のお尻の…

身体の可能性を低く見積もらないこと

月曜更新できませんできませんでしたが、昨日Noismの「NINA~物質化する生贄~」を観てきました。 この作品は11年前に作られた作品で、当時、あれ?人間???と非常にびっくりして、私がコンテンポラリーダンスってすごいなとおののくきっかけになった作品…

アッパーコアが安定すると俄然違う

天使の羽みたいな肩甲骨。 って聞いたことがありますか?? しかしこの肩甲骨、本当に背中から天使の羽みたいに浮き上がっていたら上半身が安定しなくなってしまいます。 肩甲骨が背中に浮き出して飛び出した状態を翼状肩甲と言います。(ヨガなどで言う立甲…

お腹と腰の共依存

コア(横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、大腰筋後部繊維)の筋肉は私たちの姿勢を保ったり、空間を作ったり、よい圧をかけるために日々お仕事をしてくれています。 コアの筋肉のトレーニングとして、腹筋の筋トレばかりをするわけではないことは、レッス…

バレエ解剖学⑥ピルエットと軸

真夏の8月から始まったバレエ解剖学も初雪が降った今日、最終回を迎えました。 アナトミーでは軸、重心、引き上げ、目線、感覚器官、神経系まで多岐に渡るお話をしました。 普段のレッスンと舞台の違いをどう克服するのか、上達するために必要な練習方法など…

クリスマスパーティー&呼吸のクラス

今年もやります! クリスマスパーティーとプチレッスン✨ 今年のレッスンテーマは呼吸。 私たちの呼吸は1日に2万回とも言われ、酸素を取り込み二酸化炭素を吐き出すだけでなく、身体の圧を変え、動きや姿勢を作っています。 また呼吸は心の状態にも左右され、…

私たちの身体は動かすことを前提に作られている

昨日は夏から引き続き開催しているバレエ解剖学の第5回目でした。 腕のトレーニングってバレエにあまり必要ないと思われがちですが、腕は肩甲骨や鎖骨を通じて体幹につながります。 肩の動きは背骨や肋骨のアライメントや動きに依存するので、アームスを上手…

大好きなものについて語っているだけのブログ

わたしの心のアイドル、オハッドナハリン率いるバッドシェバダンスカンパニーの公演を観に行ってきました。 身体の隅から隅までひとつのスキもないテクニックと想像力と爆発力と繊細さと、もう、相変わらず全てがよすぎて高ぶって放心してきました。 身体性…

よく噛むことと11月のグループレッスン及びお知らせ

昨日は朝ヨガピラクラスの後、栄養の勉強に行ってきました。 身体はどんなものを食べているか、どんな風に使っているか、どんな考えでとらえているか、によって、全然違ったものになっていくと思うのですが、何をどのように食べるか、ということに関しては全…

自己啓発?と混雑に関するスタジオのお知らせ

わたしの趣味のひとつ。 Ted Talkの動画を観ること。。。笑 英語の勉強も兼ねているけれど、タイトルを見るだけで知的欲求を刺激されるものばかりで、ちゃんと知りたいものについてはついつい日本語字幕つきのものを結局観てしまいますが… TED日本語 - エド…

バレエ解剖学④ガンブレと背骨の柔軟性

昨日はバレエ解剖学4回目、「ガンブレと背骨の柔軟性」をスタジオグレイスさんで開催してきました‍♂️✨ 腰椎、胸椎、頚椎それぞれの特徴や、背骨全体の動きと安定について、注意点など、たくさんのインフォメーションをお伝えしました! ダンサーに腹筋や背筋…

体内時計

スタジオをお休みさせて頂き、3日間東京でみっちり勉強をしてきました。 その中でも特にタイムリーなトピック。 ノーベル賞生理学医学賞を受賞した体内時計に関する研究について、マリジョゼから睡眠と筋膜に関するとても分かりやすいインフォメーションを頂…

色んな種類の瞑想の効果

ドイツ人ダンサーの友人がシェアしていた瞑想についての論文が興味深かったので、ざっくりシェアします。 原文はこちら↓ link.springer.com とても長いので、アブストラクトを雑に訳したものを書きます。 ↓↓↓ 瞑想のような精神訓練の効果に関心が高まってい…

原体験

いつもお世話になっているスタジオグレイスさんのブログ↓ バレエ解剖学で学んだことをレッスンで取り入れ、変化を楽しんで下さっています。 身体を知るって楽しい!という気持ちが、先生のカズさんからも、受講して下さっている生徒さんからもたくさん感じら…

ピラティスの効果とQ&A

ピラティスの効果や疑問についてまとめます。(Yukikoの意見です。世の中一般のピラティスインストラクターの総意ではありませんのであしからず。) ピラティスの効果 ・自分自身に気が付く 今、自分がどうなっているのか。 例えば、重心がどこにあるのか。…

かんたん横隔膜呼吸

自律神経を整える呼吸法、というものが、世の中には色々あると思うのですが、わたしが好きな呼吸の仕方を書きたいと思います。 それは、ずばり。 うつ伏せに寝て深呼吸する。 のです。 ずはり。って、死語ですかね??笑 うつ伏せに寝て広く息を吸うと、何も…

バレエ解剖学②プリエ

8月末は夏休みでした。 東京から船で10時間。八丈島でダイビングをしてきました。 青く澄んだ美しい海でウミガメが優雅に泳ぐのをウットリ見て、色とりどりの魚たちにたくさん会えました。 始めたばかりだけど、海に潜って泳ぐのは本当に心地よくて心底リラ…

1周年イベント & 9.10月のグループレッスンスケジュール

この夏はなかなかスッキリと晴れる日が少なく、どうなることかと思いましたが、フタを開けてみればとてもいいお天気&暑すぎず、ちょうどよい風があり、蚊がいない、という奇跡のコンディションで開催することができた、1周年イベントのビーチピラティスとバ…

バレエ解剖学 ①足

昨日はバレエ解剖学ワークショップの第1回目でした。テーマは足前半はアナトミー。 なぜ、足がこんな形をしているのか、この足がどんなことをもたらしてくれるのか、どんな風に崩れやすくて、バレエではどんな風に使いたいのか。足の動きのレパートリーはど…

立つときの意識。

皆さん普段どのようにして立っていますが。 実際立っている姿勢でチェックしてみて下さい。 ・つま先の向きはどちらを向いていますか? ・足の裏のどこが床についていますか? ・膝のお皿の真ん中の向きは? ・膝の後ろ側に寄りかかって立っていませんか? …